モンスケ'ず ふぉとぶろぐ

ぶらりふたり ~半田赤レンガ建物の旅~

2月5日(日)、大阪のカメラ仲間Dimaさんが、三澤武彦さんの写真展を見に名古屋へ来るとのことで、ふたりでぶらぶらしてから写真展に行ってきました。

名古屋駅で待ち合わせして、「さぁ~どこ行きましょうか!?」ってな感じで・・・^^:
生憎の雨でしたが、まずは私がちょっと行ってみたかった半田へ行ってみました。
a0258099_1321063.jpg




半田赤レンガ建物は、明治31年(1898年)に「カブトビール」の製造工場として建てられたとのことです。
明治時代に建てられたレンガ建造物としては、日本の五本の指に入る規模だそうで、ビール工場の建物としては、現存数も少なく貴重な建造物だそうです。
その後、ビール会社の再編などにより工場は閉鎖され、昭和19年からは「中島飛行機製作所」として使われれ、戦争により、建物北側の壁には戦闘機による機銃掃射を受けた跡が残っています。
a0258099_10225856.jpg


中はこんな感じで、耐震補強など一部補修されているようですが、とてもよい雰囲気を味わうことができます。
常設展示室では、カブトビールの歴史など見ることができます。(残念ながら撮影禁止でした)
また、企画展示室やクラブハウスが4部屋あり会議などもできるようになっています。
a0258099_1023697.jpg
a0258099_10231690.jpg


建物の内のカフェでは、復刻された2種類の「カブトビール」を味わうことができます。
明治時代の「カブトビール」(写真左側)は、ホップが2倍使われており黒ビールのような濃い味わいで、苦甘い感じです。
大正時代の「カブトビール」(写真右側)は、ラガービールに近い感じで、地ビールの味わいを楽しめます。
a0258099_10212717.jpg


今はちょうど「知多半島 春の国際音楽祭2017」と題し様々な演奏が行われており、行ったときにはピアノ・オカリナの演奏をやっていました。
帰るころには、ギターの弾き語りの準備をしており、外の窓からパシャっと。
a0258099_1024377.jpg


建物南側は、こんな感じでハーフティンバー(木骨煉瓦造)という方式で建てられており、イギリスの住宅風な感じです。
同じレンガ建物でも、南北では雰囲気が全く違いますね。
a0258099_1024125.jpg


生憎の雨でしたが、雨の撮影もあまり経験がないため、晴天時とは違う雰囲気の写真が撮れると思い楽しんできました。
この後は、また行先を鵜相談して「熱田神宮」に行くこととしました。
写真は、次回に・・・。

その後、本来の目的「三澤武彦さんの写真展に行ってきました。
素人の私が言うには、失礼なのですが・・・
三澤さんの写真は、すごい加工がしてある訳でもなく、パッと見何気ない写真なんですが、すごくほっこりして心温まる素敵な写真ばかりなんです。
被写体の方の素の笑顔を引出したり、シャッターチャンスを逃さない素晴らしい切り取りであったりと、すごく感動したし勉強にもなりました。
今回は、SONY BRAVIAの4Kテレビに、たくさんのきれいな写真が次々と映し出され、本当に見入ってしまいました。
2月17日(金)までと残り短期間ですが、ぜひ見に行っていただければと思います。
本当に素敵な写真ばかりですよ^^
a0258099_10241736.jpg

[PR]
by monsukewc | 2017-02-11 12:39 | 観光スポット | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monsukewc.exblog.jp/tb/23618311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-02-11 23:53
名古屋での一日、ありがとうございました&お疲れ様でした。
あいにくの雨でしたが、雨でしか撮れない雰囲気に私はけっこう満足した一日で、楽しかったです。
ここでの撮影、よくぞこれだけ写真を撮られましたねぇ。
私はきっとモンスケさんの数分の一です・・^^;
Commented by monsukewc at 2017-02-12 08:37
dimaさん、ありがとうございます。
先日は、色んなところへ行き、結構充実した1日でしたね。
雨の撮影、傘が邪魔だったり、濡れるのはイヤですが、雨の日でしか撮れない雰囲気の写真が撮れ、勉強にもなりよかったです。
常設展なども撮影可であれば、よかったのですが^^: