モンスケ'ず ふぉとぶろぐ

飛騨古川「きつね火まつり」2016

今年も行ってきました、飛騨古川「きつね火まつり」
恒例となってきました色和衣~irowai~も開催されましたよ。

まずは、きつね火まつりから・・・
a0258099_16521119.jpg




毎回、お世話になっている大洞さんにて浴衣に着替えて出発です。
この方たちは、香港(だったかなぁ!?)のクルーがDVD撮影にきたモデルさん(日本人)でした。
顔出しがNGってことで、きつねのお面にて~^^
a0258099_16522185.jpg


早速、祭り広場に行き、きつねメイクをしてもらいます。
この子達は、地元の高校生(私の母校の後輩^^)でボランティアできつねメイクをやってくれていました。
お疲れさま~^^
a0258099_16523595.jpg
a0258099_16524272.jpg


またまた今回も、遠方から遊びに来てくれた、カメラマンと愉快な仲間たちと一緒に、きつねメイクをしてもらいました~。
今回も初めて会う方とも、交流を深められ、楽しめました~^^
a0258099_16524860.jpg


外国人観光客ファミリーも~、わんこも~(笑)
a0258099_16525381.jpg

a0258099_16525955.jpg


きつねの嫁入り行列や、ステージイベントで歌われる東京の方がおみえでしたので、撮らせていただきました。
ばっちりメイクのコスプレーヤーさんみたいでした(笑)
a0258099_1653492.jpg


街並みを散策しながら撮影していましたが、なかなか今回の主役、花婿花嫁さんの撮影タイミングに会えず・・・
a0258099_1653960.jpg


ようやく見つけたのは、随分後でした・・・^^:
今回の主役のお二人は、各務原市の方で、親の介護の関係で披露宴を挙げれていなかったとのこと。
サイコーのシチュエーションで、大勢の皆さんにお祝いされて、本当によかったですね。
おめでとうございます!
a0258099_16531466.jpg


狐組の若者たちが大蛇と和太鼓とともに、街を練り歩いて五穀豊穣・家内安全・商売繁盛を願い、舞踊ってくれます。
きつねの嫁入り行列に出る方々も、笑顔で写真を撮らせてくれました。
久しぶりに会った同級生の職場の後輩さんたちも出るとのことで、撮らせてもらいました。
a0258099_16532083.jpg
a0258099_16532630.jpg

a0258099_16533321.jpg


さぁ~いよいよ、きつねの嫁入り行列の開始です!
しかし毎回、暗くて良い写真が撮れない、カメラマン泣かせの難しい祭りなんです!!
a0258099_16534010.jpg

a0258099_16534653.jpg

a0258099_16535349.jpg


やはり今回も、没写真のオンパレード・・・
いつもノープランで撮っているだけなので、撮りたいイメージを考え、位置取りも考え、撮らなきゃダメだとおおいに反省・・・
a0258099_1654057.jpg

a0258099_1654778.jpg


一緒に行ったカメラマンや、知り合いのカメラマンは、良いポジションから雰囲気満点な写真を撮られており、悔しい思いを・・・
ただ単に遊びに行っているだけではダメだなぁ~
a0258099_1654205.jpg
a0258099_16542782.jpg


まだ見ることのできる写真は、明るい場所でのイマイチな写真ばかりになってしまいました・・・
a0258099_16543522.jpg
a0258099_16544970.jpg
a0258099_16545621.jpg


この後には、ステージイベントがあったのですが、私はここで離脱させていただきました。
また来年、良い写真を撮れるように成長しなくては!

次回は、恒例の色和衣~irowai~編です。
[PR]
by monsukewc | 2016-10-01 17:49 | イベント | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://monsukewc.exblog.jp/tb/23255402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Revoir... at 2016-10-02 00:15
タイトル : < 飛騨古川・ファインディングきつね美女 >
さて、いよいよ本題に入ります。 「きつね火まつり」はここ飛騨古川で、毎年9月の第4土曜日に行われるお祭りで、古くから伝わる「狐の嫁入り伝説」を具現化した祭りです。 毎年きつねのお嫁さん夫婦に扮したお二人が、一日様々なイベントを通して古川の町をまわります。 祭りそのものについては過去記事をご参照ください。 これまでの「きつね火まつり」のブログ記事 このお祭りの日、町にいる人たちみんながキツネのメイクをします。 大人も子供も、赤ちゃんもワンちゃんも、お店の方も警備の方も、...... more
Tracked from Revoir... at 2016-10-05 11:09
タイトル : < 飛騨古川・きつね火まつり2016 >
飛騨古川で行われる「きつね火まつり」。 この日一日は色んな時間帯でイベントが開催されます。 きつねのお嫁さんご夫婦をはじめ、狐組の御蔵稲荷神社例祭での参拝と獅子舞奉納、狐組街まわりや団子撒きなど見どころがたくさんあります。 平成25年のものですが、パンフレットがこちら。 この時のご夫婦は古川の方。 ご縁あって私が祭りのメインカメラマンをさせていただきました。 さて、祭りのクライマックスは夜の嫁入り行列と婚礼の儀。 雪洞だけが浮かぶ古川の古い町並みを、松明や...... more
Commented by revoir-dima at 2016-10-01 18:26
きつね火まつりの全体的な様子、まんべんなく撮られてて、よく伝わる記事ですねぇ。
毎度毎度、夜の行列には泣かされます。
私もノープランで行き当たりばったりでした。
暗い場所での撮影は難易度が高いことが分かっているので、予め場所とか決めてればいいのに、結局いつも同じ感じになってしまいました。
私は今回、色和衣の記事はありませんので、次の記事が楽しみでしょうがありません(^^)
Commented by kanazawakomati at 2016-10-01 18:41
おぉサスガ要所要所おさえられてますね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
わたし怖いきつねさん見過ごしました…

難易度高いお祭りでしたが皆さんにいろいろ教えてもらって楽しんで撮影できました♪
ありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡
Commented by monsukewc at 2016-10-01 21:36
dimaさん、先日はお疲れさまでした^^
ほんとあの暗さには、やられっぱなしですね(苦笑)
dimaさんは、いつもテーマ持って撮ってみえるじゃないですか~。見習います!
色和衣の方も期待しないでください・・・^^:
dimaさんの○○コレクション(でしたっけ!?)楽しみにしています!!
Commented by monsukewc at 2016-10-01 21:44
komatiさん、先日はありがとうございました。
楽しい時間でしたね^^
komatiさんの女性目線の写真は、勉強になります。
撮られる側の表情もやわらかいし。
また、どこかでご一緒しましょう~!